薄毛

薄毛が気になり始めたきっかけとその苦しみ

薄毛が気になりだしたらアッという間だった

薄毛なんて自分には関係のない話だと思っていました。少なくてもその時は30代初めだったので、遺伝などで薄毛になるとしても、もっとずっと先の話だろうと思っていました。ところが、なんとなく20代の終わり頃から抜け毛が増えてきたように思います。もちろん、ハゲてきているなどという感覚は全くありませんでした。髪をとかす時とかに、なんとなく昔より髪の毛が軽くなったなという程度でした。きっとシャンプーを変えたので、よりサラサラになってきたのだろうとその頃は思っていたのです。その後、少しずつ頭皮の地肌が見えるようになってきて、急に薄毛が気になりだしました。そしたら、もうあっという間に抜け毛がひどくなってきました。

 

毎日かなりのストレスだった

人に会う商売をしていたので、かなり毎日がストレスでした。みんな口に出しては言いませんが、髪の毛が最近薄くなったと思っているのではないかといつも気にしていました。プライベートでは帽子をいつもかぶるようになって、頭を隠したいという気持ちが強くなってきました。こんなんでは彼女もできないと、将来のことまで不安に思えてくることさえありました。薄毛について調べていき、これがAGAというものであることを知って、AGA治療をしている病院に行こうと何度も思いましたが、踏ん切りがつかなかったのと、時間があまり取れずに結局ズルズルと先延ばしにしていました。